四十路のオッサン最強猫幼女を誘拐してしまう【プロット】

作品番号 1675283
最終更新 2022/08/10

四十路のオッサン最強猫幼女を誘拐してしまう【プロット】
異世界ファンタジー

4ページ

総文字数/ 2,344

 魔王が倒され、その残党もほぼいなくなった世界。四十路のオッサン『クライシス』は、強面のせいで、新人がこないし、子供が泣くという理由で、ギルドから追放される。
 暇になったクライシスが釣りをしていると、猫耳の魔道具をつけた、猫のぬいぐるみを持った『キティ』に声をかけられた。
 突然魔王の幹部だと名乗る女『アザレア』に襲われる。
 釣りの道具しか持っていなかったクライシスはピンチになるが、キティの猫のぬいぐるみによって、一瞬でアザレアの召喚した魔物は全滅する。アザレアは撤退する。
 クライシスはキティをしかたなく自宅に連れて帰るが、ギルドからキティを誘拐した犯人だと、過去最高の賞金をかけられていた。
 賞金をかけたのはアザレアだった。
 次々と賞金稼ぎに狙われるが、キティのぬいぐるみによって、撃退していく。
 キティはグリフィン国によって作られた、最強の魔法兵器である猫のぬいぐるみ『ニャオス』を扱うために、人の言語をつぶされ、赤子のときから猫の鳴き声しかできなくされていた。ニャオスによって自分の子猫だと認識されているうちは食い殺されないが、10歳をすぎると必ずニャオスにキティは食い殺される運命だった。
 それを知ったクライシスは、かつて仲間だった者の紹介による賢者によって、キティの年齢を今のままにとどめる『時間停止魔法』を教えられる。
 時間停止魔法はドラゴンの巣と呼ばれる巨大な生物が住む島に隠されていた。それを狙う冒険者とともに、クライシスとキティは巨大生物を一撃でのしてしまう。
 時間停止魔法を手に入れたクライシスだったが、実はそれを教えた賢者に化け、ともに行動していた冒険者に、アザレアがまぎれこんでいた。
 アザレアはグリフィン国の王子に恋しており、彼のためにニャオスを完璧な兵器として完成させたのだ。
 キティを島に残し、アザレアはキティになつかれているクライシスを懐柔しようと、グリフィンに連れていく。しかしグリフィン国の王子『イシュロン』は、アザレアのかってな行動に怒り、アザレアとクライシスを牢獄に入れてしまう。
 アザレアの想いを聞いたクライシスは、牢獄から脱獄し、イシュロンの親衛隊を一撃で倒し、捕らえたイシュロンを友達だった元『光の勇者』、現国王に引き渡した。
 クライシスは年を取らなくなったキティを引き取り、釣りのやり方を教えていた。
あらすじ
元闇勇者のオッサンと、最強猫幼女の冒険譚。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop