この、槍は使用できそう、開眼は、無駄だろう。っていう、感覚を、もっと、落差を、なくすように、しても、いいんじゃないかと、思える。

作品番号 1674671
最終更新 2022/08/04

この、槍は使用できそう、開眼は、無駄だろう。っていう、感覚を、もっと、落差を、なくすように、しても、いいんじゃないかと、思える。
Jailed/著
現代ファンタジー

3ページ

総文字数/ 50,938

ランクイン履歴:

現代ファンタジー:7位(2022/08/08)

ファンタジー:42位(2022/08/08)

わたしの、自然な感覚として、開眼して、くない を 攻撃して、くない が ダメージを、受けつつ、残存する。ぐらいの、ゲームプレイ状況が、見てみたい。ということである。その方が、おもしろく、思える。逆に、開眼しないで、刀装1削るだけなのも、つまらないと、感じている。強いのはわかっているし、強くていいんだけど、強いのに、ダメージが入れられる、2刀開眼であれば、実効性があるし、実効性がない機能とか、悲しく思える。つまり、逆に悲しくなる。

槍は、バランスがいいと思う。そして、高速槍も、いいと思っている。高速槍、敵キャラの、バランスがとれているのに、2刀開眼は、駄目な存在である。

と、言ったけど、まあ、もしかすると、今のままの方が、いいのかもしれない。しかし、クラッシュロワイヤルとか、そういうゲームでは、アップデートのたびに、ユニットの性能を、微調整しているんだよね。別に刀剣乱舞で、そういう微調整してもいいと思うんだけど。ただ、一方で、刀剣男士の、性能があるけど、数値上の性能は、これは固定させるべきなのかも、しれないけど。

まあでも、今の開眼の発動率では、全然役に立たなくて、わたしは、江戸マップを攻略するのに、開眼は、無駄だと感じている。でも、槍は、使用できそうである。この、槍は使用できそう、開眼は、無駄だろう。っていう、感覚を、もっと、落差を、なくすように、しても、いいんじゃないかと、思える。
あらすじ
確かに、あなたは、人間を増やすだけ、無駄だ。と、思っているかもしれない。でも、実際は、人々は、増えるのに、必死である。だよね。何故だろうか?」コハル「バカだから じゃないの?」オトコ「違いますよ。あなたの方が、バカなんですよ。」コハル「水掛け論だ。」オトコ「そうでしょうか。わたしは、優秀だと、わたしのことを、自負しているので、増えたいです。あなたは、かわいそうな、人だ。」コハル「そうらしいね。」

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop