あやかしの姫君

作品番号 1674581
最終更新 2022/09/25

あやかしの姫君
あやかし・和風ファンタジー

3ページ

総文字数/ 4,521

 孤児院で、寂しながらも普通に暮らしていた少女、結夜。

 彼女は、人間界に取り残された、あやかし界の王家と人間界の王家の血を継ぐ姫だった。
あらすじ
 生まれた時から両親がいない結夜(ゆや)は、孤児院で同年代の子と仲良く暮らしていた。
 そんなある日、孤児院が謎の化け物に襲われ、親友の菜子(なこ)が攫われる。
 悲しみに暮れていた結夜の前に現れたのは、1匹の猫、サーシャ。
 人の言葉を喋れる彼女は、結夜に告げる。

「あなたは、あやかし界を統べる王都の姫なのよ」
 
 人間とあやかしの血をひく結夜は、親友を助けるべく戦いへ挑む!

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop