蜜色の毛布のなかで震えていた

作品番号 1673060
最終更新 2022/07/16

蜜色の毛布のなかで震えていた
現代ファンタジー

25ページ

総文字数/ 104,455

ランクイン履歴:

総合:76位(2022/07/23)

現代ファンタジー:3位(2022/07/17)

ファンタジー:18位(2022/07/23)

恋愛ファンタジー:14位(2022/07/23)

「いつか、わたしとの思い出、ぜんぶ忘れちゃうくらい――――」
あらすじ
人生に絶望していた《怜》は、昔ひと夏を共に過ごした少女《蜜飴》との甘い記憶に縋りながらなんとか日々を生きていた。二十歳になった怜は、ひょんなことから蜜飴と思い出の公園で再会を果たす。蜜飴との時間に救われながら、徐々に蜜飴に想いを寄せていく怜。しかし、蜜飴には人に言えない、「世界」と「幸せ」にまつわるとある秘密があって――。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop