服を施し、化粧を纏う

作品番号 1672818
最終更新 2022/08/26

服を施し、化粧を纏う
青春・恋愛

347ページ

総文字数/ 85,177

私は父をヨシマサと呼び、公衆の面前でも気にせずハグをする。それが私の義務であり矜持だからだ。
ある日、ヨシマサと待ち合わせをしていると、ヨシマサの部下らしきイケメンの青年と出会う。娘らしく挨拶をするが、どうやら私をヨシマサの娘だとは信じていないらしい。
一見すると礼儀正しい青年かと思いきや、実はかなりのドSだと判明する。
私のすっぴん写真という物質を取られ、振り回される日々。
一度は写真のデータを消させたものの、バックアップを取っていたとかで災難は続く。
挙句に私はの親友のサクラの兄だと知り、サクラとの仲もギクシャクしてくる始末。
そんな時、私の秘密が青年にバレてしまう。

目次

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop