君と舞い降りてきたもの

作品番号 1672416
最終更新 2022/08/28

君と舞い降りてきたもの
青春・恋愛

9ページ

総文字数/ 114,369

ランクイン履歴:

青春・恋愛:38位(2022/09/05)

こんにちは。今、高校1年の友川 創希です。

この作品は誰かに何かを感じてほしくて書いた作品なので、読んだ後、少しでも何かを感じてくだされば光栄です。なにか感じてくださったことがあれば感想等いただけると励みになります。

まだまだ未熟ですが応援よろしくお願いします。

(カクヨムの方でも短編を少しあげてます)
あらすじ
 中学2年の研史(けんし)が、雪の舞い降りた日に偶然出逢った同い年の少女――舞花(まいか)は余命2ヶ月半と限られた人生を歩んでいた。舞花は「君に宿題を出してあげる」と言って研史に“宿題”を出した。2つ目の宿題で研史は『最後の人生で人を幸せにすること』を思いつく。最後の人生で舞花たちが人を幸せにしていく。

 ――僕は君に何ができるだろうか

 ――最後にまちうける出来事とは

この作品のレビュー

★★★★★
親しみを感じられる物語です
続きを見る

登場するお料理やお菓子の描写がおいしそうなお話です。食べ物のように身近なものの描写がお上手な方は、親しみやすい物語を描く事が得意だと聞いた事がありますが、正にその通りです。 シンプルかつ透明感があって繊細で読みやすい描写、登場人物達の『その年齢だからこその一生懸命さ』に、物語へと一気に引き込まれます。感情移入しつつ、彼等彼女等を待ち受ける結末を見守る気持ちで読む事ができる小説です。

2022/09/17 21:41

この作品の感想ノート

ご飯やお菓子の描写がおいしそうでした。食べ物のように身近なものを描く事がお上手な作家さんは、親しみやすい物語を作るのが得意だと聞いた事があります。自分の学生時代を思い出す、そして当時しかできなかった事を精一杯にやる気持ちを思い出させてくれる小説でした。透明感があり、季節の温度も伝わってくる、シンプルかつ繊細で読みやすい描写が素晴らしかったです。

2022/09/17 21:35

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop