――俺がいなくなっても、それだけは忘れないで。

ちょっと間を置いていなくなるなんて、なんとも時生――ううん、蓮らしかった。

蓮は学校に来なかった。

授業ではなく学校祭の準備であって、登校は強制じゃない。だとしても、蓮が理由もなしにさぼるとは思えなかった。

学校帰りに神社に寄って暗くなるまでねばってみても、蓮は姿を現さなかった。時差で風邪でも引いたのかと思ったけれど、LINEを送っても返信どころか既読がつくことすらつかなかった。

避けられているとは思わなかった。だって蓮はそんなことしない。

ひどい風邪で、スマホを見ることすらできないのだろうか。

それとも――。

嫌な予感が走る。

違和感はいくつもあった。むしろ蓮の言動は全体的に違和感だらけだった。ありすぎたせいで途中から感覚が麻痺して、蓮だからと全部納得して、いちいち気にしたら負けだとさえ思っていた。

何度か「時間がない」と言っていた。昼間どれだけ室内が暑くても絶対に学ランを脱がなかった。寒いからって、この時期に手袋とマフラーなんてやっぱりどう考えてもおかしい。

蓮は私に、何か重要なことを隠しているのかもしれない。

二日、三日と経つにつれて、嫌な予感は募る一歩だった。