僕が、消えてしまっても。

作品番号 1669174
最終更新 2022/05/26

僕が、消えてしまっても。
恋愛・青春

1ページ

総文字数/ 10,432

ランクイン履歴:総合9位 (2022/06/08)

あらすじ
僕は存在感の薄い人間だった。
ある朝目を覚ますと左手が透明になっていた。
その現象は日に日に進行していき――。
幼馴染の奈々美は僕の事を心配してくれるが、
僕は奈々美に対して素直になれずにいた。
そんなとき、奈々美がクラスメイトから嫌がらせを受ける現場に遭遇して――。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:5

この作品をシェア

pagetop