姫君は、自ら恋を味わう

作品番号 1667618
最終更新 2022/05/08

姫君は、自ら恋を味わう
歴史・時代

6ページ

総文字数/ 8,697

ランクイン履歴:総合96位 (2022/05/13)

大国、玄(げん)の姫、華蓮(かれん)は、格下の名も知られていないに等しい、小国、遼(りょう)の王に一目惚れされる。
熱すぎる求婚を受け、玄国は、揺れに揺れていた。

華蓮は自分が混乱の原因なのだと責任を感じ、遼(りょう)国の王、丹厳(たんげん)を呼び寄せ、事の真意を確かめようとする。

現れた王は、まるで空気の読めない男だった。ただ、純粋で裏表のない性格が、どこか憎めないと、華蓮含め、宮殿の面々と馴染んで、すっかり、玄国に居座っていた。

一方、華蓮の兄、王太子、斉令(さいれい)の妃、耀我(ようが)は、華蓮の腹心である、女官への嫉妬から、茶会比べを挑んで来た。

行きがかり上、受けて立った華蓮は、これといった案が浮かばず。しかも、訪れた客の数で、勝負を決めると言われ、すっかり、困ってしまう。
が、丹厳は、なぜか、大張り切り。そして、すべてを丹厳に任せる事にするが……。

中華風、ほっこり後宮時代ロマンス 題二弾
あらすじ
姫君は、後宮のゴタゴタに巻き込まれてしまう。助けようと動いてのは、あのお方?!

うっかり、シリーズ化
姫君シリーズ第二弾

目次

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop