春香伝異聞~悪徳せらるる女~

作品番号 1667258
最終更新 2022/05/14

春香伝異聞~悪徳せらるる女~
歴史・時代

10ページ

総文字数/ 11,815

時は、朝鮮王朝中期。
貴族階級である両班の子息、夢龍(ムリュウ)は、科挙に合格するため、内侍(宦官)の京成(キョウセイ)に、取り入る。
夢龍は、壮元(主席)で合格し、官吏への道を歩むことになる。

京成は、夢龍に、王直属の密使、
暗行御史(アメンオサ)の職を勧めた。

王国中部、南原で、長官の職につく甥が不正を行って居ないか確かめて欲しいと、言うが、つまりは、私欲に走っている甥を見逃せと言うことだった。
暗行御史(アメンオサ)のお墨付きがあれば、甥の罪は、無いものになるからだ。

仕方なく南原へ、向かう夢龍だったが、春香(シュンコウ)と名乗る謎の女と出逢う。

幼い頃、父親の赴任に共して、この地にやって来た事を思い出した夢龍は、春香と、出会っていることに気がつくが……。

朝鮮王朝時代の古典「春香伝」異聞。

人名、役職、地名などは、分かりやすくするため、略式で。そして、あえて、日本語読みにしております。
ご了承ください。
あらすじ
朝鮮古典「春香伝」オマージュ。夢龍は、不正を正す暗行御史(アメンオサ)になる。そして、着任地で、謎の女、春香と出逢う。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop