あの夜は狂わしいほどに綺麗だった

作品番号 1666488
最終更新 2022/04/29

あの夜は狂わしいほどに綺麗だった
青春・恋愛

12ページ

総文字数/ 19,640

私の恋は一夜にして大きく変わった。

私、五十嵐杏莉の恋の相手はクラスメイトで勉強も運動もできる来栖颯太。

いわゆる『完璧男子』というやつだ。

その幼馴染で私の親友でもある水無瀬結に恋愛相談を受けていた。

彼女の提案で私は夏休みの初日にある夏祭りに誘った。

しかし……「今年は小学校の頃の同級生と見に行く予定なんだ」と言われて断られてしまう。

しかし、結と夏祭りの屋台を回っている途中に偶然、颯太に会ってしまい――

わ、私、どうすればいいかな!?

内気で表情が硬い女子×勉強も運動もできる完璧男子
あらすじ
あの一夜ですべてが変わった。主人公の五十嵐杏莉は中学1年生でクラスメイトの完璧男子・来栖颯太に恋をしている。颯太の幼馴染である水無瀬結の提案で夏休みの初日にある夏祭りに颯太を誘うが、小学校の同級生と久しぶりに会うと言われて断られてしまう。しかし、結と屋台を回っているうちに偶然、颯太と遭遇し――!

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:18

この作品をシェア

pagetop