手から零れ落ちる愛

作品番号 1665967
最終更新 2022/05/14

手から零れ落ちる愛
恋愛・青春

39ページ

総文字数/ 28,698



 僕達はけして触れ合うことができない。



 触れ合ってしまえば、傷つけあってしまうから。




 同じ世界で生きてゆくことは危険なことだから。



 だから僕達は今日も、同じ時間を共有するんだ――。
あらすじ
大学生の白崎優太は、兄のマンションにて、声を失った美少女、天海美月に一瞬で心奪われる。
 美月は人と触れ合うことが出来ない。美月の存在を忘れるようにと、美月の保護者、中条から忠告を幾度受ける優太だが、想いは募るばかり。
 手話の勉強始めた矢先、知ることになる美月の表の正体。美月過去と真実。そして、美月と優太の過去。
 障害だらけのこの恋、溺れてみますか?

エブリスタ様・魔法のiらんど様掲載中

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop