鮭男群れるカフェで、横目であの人を追う幸福な時。

作品番号 1665494
最終更新 2022/04/10

鮭男群れるカフェで、横目であの人を追う幸福な時。
青春・恋愛

4ページ

総文字数/ 10,486

眩暈がするほどの無価値さと尊さが交錯するカフェで、あの人と迎えた変化の春。
あらすじ
まだ桜の咲かない春。スタバに漂う鮭男のあまりの多さに決定的に気づいてしまった時、ある人の存在が際立った。一人で存在し、ハードルの高いマイルールに従う書生さんの凄さに気づいた時、世界が変わった。そして報われるべき人の尊さと、自分の無力さに気づく。
渋谷千代田稲荷神社にまつわるローカルルールを頼りに、書生さんの力になるため、道玄坂のホテル街に向かう。幸せな時間がなくなってしまう可能性も考えずに。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop