餌付けされた女官は皇帝の願いを叶えるため暗躍する〜厨でつまみ食いしていた美味しいご飯を作ってくれていたのは鬼とうわさの皇帝でした~

作品番号 1665368
最終更新 2022/05/14

餌付けされた女官は皇帝の願いを叶えるため暗躍する〜厨でつまみ食いしていた美味しいご飯を作ってくれていたのは鬼とうわさの皇帝でした~
ファンタジー

21ページ

総文字数/ 37,691

笙鈴(ショウリン)は飛竜(フェイロン)皇帝陛下が統治する仙皇国の後宮で働く下女。先輩女官達の虐めに負けずに仕事をこなす笙鈴だったが、いつも腹を空かせていた。
そんな笙鈴の唯一の楽しみは、夜しか料理を作らない謎の料理人の竜(ロン)が作る料理である。

今日も竜の料理を食べに行った笙鈴だったが、竜から「料理を食べさせた分、仕事をしろ」と言われて仕事を頼まれる。
その仕事とは、飛竜の一人娘である皇女・氷水(ビンスイ)の身辺を探る事だった。

氷水の身辺を探る中で、氷水の亡き母親の形見の首飾りが何者かに盗まれた事を知る。氷水に頼まれて首飾りを見つけた笙鈴だったが、今度は笙鈴が首飾りを盗んだ犯人に間違われてしまう。そんな笙鈴を助けてくれたのは竜だった。

謎多き料理人・竜の正体と笙鈴に仕事を頼んだ理由は何なのか。そして氷水の首飾りを盗んだ犯人とは一体誰なのかーー?
あらすじ
※他サイトにも掲載中。別名義の「夜花美冬」名義で書いた作品です。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:2

この作品をシェア

pagetop