死を嫌う君は、生きる意味を見つける

作品番号 1665205
最終更新 2022/09/16

死を嫌う君は、生きる意味を見つける
青春・恋愛

11ページ

総文字数/ 23,679

人間は、どうやって生まれたのか?
人間は、何のために生きるのか?
人間は、死んだらどうなるのか?
 
この世は、いつから有ったのか?
この世は、永遠に続くものなのか?

 考えれば考えるほど、怖くなる。

 「死」を恐れ、嫌う人だからこそ、「生きる」意味を見つけられるのかもしれない。

 これは、「死」が大嫌いな少女が、「生きる」本当の意味を探し出すお話。
あらすじ
中学生三年生の夜は、ある事故をきっかけに「死」を深く考えるようになった。
 「自分」という存在が永遠ではないことに恐怖を抱く夜。
 ある日、いつにも増して人生を怖く感じた夜は、家を抜け出し海に行く。
 そこには、同じく家を抜け出してきたという少年、朝がいた。
 彼もまた、「死」を恐れる人間だった。
 2人は、生きる本当の意味を探しにいく。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop