私はカゲロウで君は夕焼け

作品番号 1665108
最終更新 2022/05/30

私はカゲロウで君は夕焼け
恋愛・青春

15ページ

総文字数/ 31,177

ランクイン履歴:総合79位 (2022/04/21)

あらすじ
美術系の高校を専攻した美咲。
以前は、キラキラとした華やかな高校生活を送る自分を思い描いていた。
だが、現実はまるで違い美咲は虚無感に覆われた心を払拭出来ずにいた。

いつからか何もする気が起きなくなった。
いつからか一人でいたくなった。 
そして、いつからか心から笑えなくなった。

だが、高2の夏休みの終わりに瑠衣が編入してきたことによって美咲の目に映る世界にひかりが射し込み始める。

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:りゅうこころ@作家さん
それは穏やかで温かい
続きを見る

自由な時間の流れ、それに対局して万物に共通する、限られた時間の概念。手のひらと手の甲があって初めて「手」と呼べる様に、形の無いものは冷たいという概念に異論を投げ掛ける本作は奥底にある温もりを教えてくれた気がします。ステキな作品をありがとう!今後のご活躍を応援しております。

2022/06/09 20:04

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:10

この作品をシェア

pagetop