太陽の涙が落ちる前に

作品番号 1665050
最終更新 2022/04/29

太陽の涙が落ちる前に
AISEIA/著
青春・恋愛

7ページ

総文字数/ 31,696

『黄昏時が一番海が綺麗なんだ』

 大嫌いな父親の言葉。海の景色なんてなんの代わり映えもなくてつまらないと思っていた夏月は、ある夏、防波堤に立つクラスメイトの北沢を見かける。

 家族に対して不安定な思いを抱く二人は、次第に互いが抱える複雑な感情をほどきあうようになる。

 何気ない景色が、美しいと思えるようになるまでの物語り。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop