浮遊列車

作品番号 1664843
最終更新 2022/04/10

浮遊列車
青春・恋愛

26ページ

総文字数/ 277,218

沙世はとても寂しがりで、意地っ張りな、末っ子猫気質。

血のつながらない兄、拓磨にいつまでも構われているのに違和感を持ちながら、結局最後は甘えていた。

けれど拓磨以外の人間関係に触れ始めた頃、拓磨が沙世に隠していた感情を知ってしまい……。

変わらない関係を望みながら子どものままではいられない、兄妹の物語。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop