退屈で、不快で、幸せの欠片もない世界から、目を背けた。

作品番号 1663013
最終更新 2022/03/15

退屈で、不快で、幸せの欠片もない世界から、目を背けた。
その他

1ページ

総文字数/ 4,768

彼女と僕の居場所は錆びれたバス停。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop