鴉が落ちた日

作品番号 1662882
最終更新 2022/08/30

鴉が落ちた日
青春・恋愛

69ページ

総文字数/ 98,161

空に落ちた彼女は、あの日何を思ったのか
あらすじ
「私は、何者かの手によって殺されました。9月13日、文化祭最終日までに、私を殺した犯人をみんなの手で見つけ出してください」

彼らのもとへ届いた一通のメール。差出人は、3か月前に自殺したはずの少女だった。

彼女は誰に殺されたのか。誰からも愛された彼女が、何故死ななければならなかったのか。

残された彼らの、最後の夏が始まる。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop