ちょっと待て。
 彼女のこと、何て呼ぶべきか。

(りりぃ、は絶対まずい!) 

 親しい間柄でもないのに梨々花(りりか)さんは馴れ馴れしいよな。だとしたら今井さんか。それはそれで堅苦しい感じ。
 迷っている間にりりぃが小雨の降る屋外へ出て行きそうだった。

「こんにちは、りりさん」
 思わずそう呼んでいた。
(こう)くん! え、今日学校なの?」
 俺を見上げ、くりくりっとした大きな瞳をこちらへ向けた。
「いえ、休みです。今から仕事ですか?」
「そうだけど……」
 どう見ても、この急な雨に困っている様子。
「よかったらこれ、使ってください」
「えっ、でも──」と言うりりぃの手首を掴み、手のひらに置いた。
「時間、まだ大丈夫ですか?」
「まだ出勤まで余裕あるから平気。あ、よかったら喫茶店でもいきます?」
 りりぃの口からとんでもない発言が飛び出した。社会人の社交辞令的な感じなんだろうか。
 すみません。俺、そんな心の余裕ありません。
「いえ、ありがとうございます。りりさんに伝いたいことがあって来ただけなんで」

 まず第一関門クリア。
 緊張で今度は背中の汗がすごい。ひとまず人の通らない場所へ彼女を誘導した。
 雨の日、一緒にいた男性の存在も気になる。だから渡すのは今しかない、言うチャンスは一度きりだって思った。
 ポケットから飴を出し「あげます」と言って、彼女の手のひらにのせた。「あ、蜂蜜のど飴。ありがとう」と受け取る。
 初めて触れた、りりぃの小さな手のひら。花が開花する前の蕾のようだと思った。
 続いて先程買い求めた一輪の花を、袋ごと彼女に渡した。

「えー、これってうちの花屋のものだね? アナベル!」
 店の紙袋に気づき驚いた表情を見せるも、すぐ嬉しそうに微笑む。
「そです」
「私に?」
 でもどう答えていいか、ちょっと困った顔。
「はい。俺の一番好きな花です」
「わあ! 煌くん、花好きなんだ?」
 驚いたり笑ったり、表情豊かなりりぃ。
 俺はごくりと喉を鳴らし覚悟を決めた。

「りりさんとは挨拶するくらいだし、まだ何も知らないことばかりです。俺、りりさんに会った時からずっと好きでした」
「え……煌くん、でも私君より年上だよ?」
「それはわかってます」
 りりぃが幾つなのか知らないけど、俺は18歳高校三年生。多分そう言われると覚悟していた。
「俺は年齢全然気にしない方だけど、やっぱ、りりさんは気にしますよね?」
 不安を消したくて聞いてみた。
「ううん。私も煌くんと同じ。好きになったら年齢とか関係ないかもしれない」
「だからもしチャンスがあるなら、俺のこともっと知ってほしいです。友達になってもらえるなら、りりさんのことも知りたいって思ってます」

 ああ──俺、人生で一番頑張った瞬間かもしれない。
 暑さのせいなのか緊張しているせいなのか、背中にかいた汗が今頃になって気持ち悪さを覚える。
 彼女に伝えたいことは伝えた。
 この先どうなっても悔いはない。
 一輪のアナベルにそっと鼻先を近づけた、りりぃ。クンッと匂いを嗅いだ。