「名前、聞いてもいいですか?」
「煌、元宮煌(もとみや こう)です。漢字で煌くって書きます」
「わあっ、素敵! 煌くん、飴ありがとう。蜂蜜のど飴のおかげで朝からパワーもらえました」
「はい……あっ、飴溶けてなかったですか?」
 地味に中身の飴が無事だったか、心配だった件。
「それは大丈夫だったけど……何で?」
 くりくりっとした大きな瞳に、意識が吸い込まれそうだ。
「それ、ずっと握りしめてたんで」
 りりぃは「あはは、それで! ん、大丈夫でしたよ」と、今度は目を細めて笑う。
「あ、私、自分の名前言ってなかったね。梨々花、今井梨々花(いまい りりか)です」

 りりぃは、自分の名前の漢字について説明をしだした。
 梨々花。
 りり、じゃなかった。
 梨の後に続く『々』の漢字。実はこれ踊り字と言うんだそう。時々や人々とかに使われてるものらしい。
 そんな物知りなりりぃが、やっぱり大人に見えた。

 彼女は鞄からタオルハンカチを出した。
 拭いてもしょうがないくらいにびしょ濡れになった俺の頭や服を、一生懸命に拭いてくれている。 
 この状況、情けないけれど嬉しさも込み上げてくる。
 りりぃの計り知れない優しさに触れ、大好きの想いが溢れだしてくる。
 追いかけてきてくれたのは、俺に気づいたからなんだよな?
 だとしたらあの時の俺、よっぽど情けない顔してたんだろう。
 色んな感情が頭ん中を駆け巡る。 
 ……やっぱり言おう。
 言って振られて、すっきりして前に進もう。
 だって俺、片想いしてるだけでまだ何も始まってない。
 駆け出しの恋だけど、恋をする楽しさを教えてくれたりりぃへ、ありがとうの気持ちを込めて想いを伝えようと思った。
 小雨になった所で「ありがとうございました」と伝え、一人走って駅まで戻った。