俺、元宮 煌(もとみや こう)
 高三、18歳。
 親友の伊織(いおり)と地下鉄を降りて地上へと出た。
 今日も朝から気持ちいいくらいに快晴だ。夏の熱い日差しが早くもアスファルトに照り付けている。
 首筋に幾度となく汗がつたい、重めの前髪が余計に暑さを増した。
 だからと言って、せっかく伸びてきた前髪を切りたくはない。ましてや外で女子みたいにピンで留めるわけにもいかないし。

(俺もハードワックスで立たせておけばよかったか)

「あーマジしんど。しっかしさあ、何だかんだ俺ら電車通学も頑張ってんよな」
 俺は「それなあ」と疲労した顔で、伊織の逆立つ髪に目を向ける。
   
 満員御礼の電車通学、高三になった今も慣れないでいる。
 数分おきに地下鉄が発車するというのに、学生とOLさんと、スーツ姿のサラリーマンでほぼ毎回ギュウギュウ詰め。
 息ができないほどの密閉空間に意識が飛びそうになる──時もある。
 この世界で家族のために働く彼ら。雨の日も風の日も、いつだって頑張ってるんだなと思うことで、自分の親に感謝するようになった。
 今まで感謝してなかったのか、と言うわけでもないけど。
 当たり前であることの幸せ。
 自分の人生。18歳になった今、これからどう歩もうかと考えるようにもなった。
 いつかは感謝の気持ちを何か形にしたいな、という思いが頭の片隅にはある。

(こう)、俺さ、今日母さん弁当作ってくれんかったんだよ。ちょっとコンビニ行きたいから先行くわ」
 伊織は手を上げて走っていく。
「おー」
 走る伊織の背中を見送りながら、再び緩やかな坂道を歩き始めた。 



 田島 伊織(たじま いおり)
 高一で同じクラスになって以来、何となくいつも一緒にいるようになって。しかも同じ地下鉄の路線に乗ることもあって、さらに意気投合。
 部活に入るつもりはなかったけど、伊織に押し切られる形で一応イラスト部には所属していた。
 ただ好きなように描いている。そして自由参加。それが今まで続けてこれた理由。
 俺自身、絵を描くのは好き。でも自由に描きたい派。ここは趣味の延長線上にいるような感覚でやれた。
 大学受験のため三年生は引退したけど、入部してよかったと改めて思う。強引に誘ってくれた伊織に感謝しないと、だ。
 あいつ、将来はデザイン関係の仕事に就きたいからと、美大に行くと言っている。
 俺は正直まだどんな仕事に就きたいのか、考えがまとまっていない。大学には行くけど。

 後で伊織にジュースでも奢ってやるかと、ブレザーのポケットへ手を突っ込む。
 掴んだのは500円玉と100円玉の一枚ずつと、飴が一粒。それをぎゅっと握りしめた。