慶春招来譚

作品番号 1660736
最終更新 2022/02/28

慶春招来譚
あやかし・和風ファンタジー

37ページ

総文字数/ 30,123

ランクイン履歴:

総合:20位(2022/03/13)

あやかし・和風ファンタジー:21位(2022/07/25)

と よ あ し は ら の

み ず ほ の く に 。


♢♢♢♢♢

古代、『春は山の神さまが「御田植えの神」になるため里に降りてくる。そして山の神さまは山から降りて来る途中、桜に宿る……』

そんな信仰があったようです。

そんな話を知り、そこからこの物語は生まれました。

あらすじ
『報せ桜』の開花と共に山主の世話係りとなる《花迎え》に選ばれた村娘、香乃。

里に降りる山主のために祝宴をひらくことも花迎えの役目だった。 

どんなもてなしをしていいのかわからず、不安になる香乃だったが、山主である朔耶から贅沢な宴にする必要はないという文をもらい安心する。
けれど郷長とその娘に宴で着るはずだった大切な衣を奪われてしまう。


この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:54

この作品をシェア

pagetop