君の雨が溶ける

作品番号 1660357
最終更新 2022/11/03

君の雨が溶ける
青春・恋愛

118ページ

総文字数/ 127,375


・今宮宙(こんみやそら)

宮元高校1年。
友達・親友はいなく、クラスではグループに所属しているが、腫れ物扱い。
いつも孤独で唯一の友人にも相談できなく、悩んでいる。

・工藤剛(くどうつよし)

宮元高校1年生。本当は高校2年生。
出席日数足りなくて、高1年生のまま。
隣の席でいつも寝ていて、無表情で何を考えているか分からない。

学校生活はいわゆるコミュニティに過ぎない。
だけど、誰か一人でも側にいたら、あなたは幸せかもしれない。

家族の存在、学校生活、偽りの人間関係、自分自身。
不安を抱えながら、日々を生きている。

あなたが生きているだけで、誰かが笑顔になっていることを忘れないで…

この物語は、孤独な女性✖️謎で居場所がない男性が抱えた問題と闘いながら、生きていく。

切なくて、一瞬一瞬の日々が愛おしく思う 青春時代の物語。

自分自身の存在を見直してみませんか?
あらすじ
高校入学をして期待と不安の今宮宙(こんみやそら)。クラスメイトの今野琳と話すようになり、仲良くなろうと頑張る。今野琳達のグループに入るが私抜きで話していて、孤独だった。そんな時、無表情な隣の席の工藤剛(くどうつよし)が話しかけてきて、いつの間にかかけがえのない存在になっていた。彼は彼女も知らない事実があった。彼と彼女にはある共通点があった。悲しくも切ないお互いを大切にしている二人の先は…

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop