月の光

作品番号 1656561
最終更新 2021/12/31

月の光
恋愛・青春

3ページ

総文字数/ 1,097

ソソミ レミレ ドレドミド シドシ

君の音。
いつもの音。
好きだった音。
もう聴くことができない音。

君の繊細な指が白黒の何かを押す。
鍵盤ではない、それで表すにはもったいない何か。

金色の髪飾り。
ペダルを踏んでいるか細い脚。
造形物のように完璧な耳。
雪のように白い肌。
胸のふくらみ。
塩っぽい味のした唇。
もう見ることができない体。

どこかで嗅いだことのある甘い匂い。
好きだったあの匂い。
もう匂うことのない匂い。

アーモンド型の目。
片方だけ白い目
こちらを向く。
君の笑顔。
僕の原動力であり、これからもその表情を拝めたいと思っていた顔。
君の手。
僕のように赤くはないけれど、白過ぎる手。
『愛してる。』
母音と子音を混ぜ合わせて、発せられた君の声。
もう聞くことができない君の声。


幸せだったあの時。
もう戻ることのできないあの時。

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop