三日に一度しか目覚めなくなった僕が二度目の高校生をやった話

作品番号 1656495
最終更新 2022/01/20

三日に一度しか目覚めなくなった僕が二度目の高校生をやった話
恋愛・青春

57ページ

総文字数/ 186,847

三日に一度しか目覚めなくなった僕が二度目の高校生をやった話
あらすじ
三日に一度しか目覚めなくなり、外見も高校生で止まったままの僕が歴史を後世に伝える”歴史渡り”として二度目の高校生をやることになる。
三日に一度しか目覚めないために周りから置いていかれ、他人と距離を置くようになった主人公が高校生に戻り、人間関係に悩む少女や高校生活を退屈に思う男子、気の弱い少女に苛立ちを覚える少女の友達など、悩める高校生の輪に混ざり込んで、彼らと自分の問題に頑張る話です。

毎日投稿

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

応援してます!!

2021/12/31 16:48

文章が丁寧で読みやすかったです。
連載頑張ってください!

2021/12/30 01:46

この作品のひとこと感想

すべての感想数:9

この作品をシェア

pagetop