ヴァンパイア探偵は奇怪に廻る

作品番号 1655148
最終更新 2021/12/14

ヴァンパイア探偵は奇怪に廻る
あやかし・和風ファンタジー

245ページ

総文字数/ 151,021

ランクイン履歴:

総合:29位(2021/12/18)


生まれながらに、強烈な不運&虚弱体質を抱えて生きてきた秋斗。

ルームメイトだった友人の失踪を皮切りに不運が相次ぎ、
住居とバイト先を同時に失ってしまう。

そんな彼の前に現れたのは、
自らを『ヴァンパイア』だと名乗る変人で──!?

「ねえ、美味しそうな君。僕とギブアンドテイクな契約をしてみない?」
「すみません、宗教勧誘はお断りしています」

探偵と助手。

凸凹バディの運命が交錯する時、
留まっていた歯車はふたたび動き始める……──。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:12

この作品をシェア

pagetop