今日も僕は君を見つめる

作品番号 1654138
最終更新 2021/12/09

今日も僕は君を見つめる
りん/著
ファンタジー

3ページ

総文字数/ 517

 ざっと500万年も前の話だろうか。
今では当然となっている宇宙人の存在を私達が知ってしまったのは。
そのあとはトントン拍子に進んだ。
ただ存在を知ってしまっただけで地球が攻撃された。
当時は理由も知らないのに攻撃された。
そこへ火星に助けられた。
 のちにその人たちは神と呼ばれるようになった。

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop