King of the Tealice 海に託された鴉の声

作品番号 1653697
最終更新 2021/11/22

King of the Tealice 海に託された鴉の声
ファンタジー

11ページ

総文字数/ 4,825

【登場人物】

シンア・セルディナ

 牢国と呼ばれし国、 セルディナ王国の王子である少年。
 義父であるユラシオ ・ セルディナの命令でアザミ宮殿から出ることを許されていないが、ユラシオの故郷であるティアリス王国に興味を持ち脱走を企てる。 アリスティアの説得の元、 稀に短時間の外出は許されるようになった。



アリスティア/子神774番

 ユラシオに頼まれ、 シンアの教師となったマリフィア王国出身の神族。
 かつては子神 774 番という自身に与えられた数字を名乗っていたが、 シンアから名を貰い以降アリスティアと名乗る。
 身長百三十センチを内心気にしているが、一向に伸びる気配はない。





【表紙協力】

FLOSHIKI DESIGN 様・marina 様
あらすじ
義父である叔父の故郷にやってきた少年は、海辺で一つの小瓶を拾った。
中には見たことのない文字で記された古い紙切れ。それは白い鴉によって記された、遠い昔の思い出だった。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop