明けない夜と君がついた嘘の話

作品番号 1651953
最終更新 2021/10/31

明けない夜と君がついた嘘の話
恋愛・青春

22ページ

総文字数/ 11,917

ランクイン履歴:総合70位 (2021/12/02)

出会ったのは異国の人、彼の温もりに永遠を感じたはずだった。
気ままな飼い猫が出て行ってしまった冬の寒い日の朝。
泣き出した私に優しさをくれた人とお互いの温もりを求めあった。
愛してる、それは永遠に続くはずだったのに――。
あらすじ
気ままな飼い猫が出て行ってしまった冬の寒い日の朝。
私たちはお互いの温もりを求めあった。
愛してる、それは永遠に続くはずだったのに――。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop