それでも私は、君に愛の言葉を囁く

作品番号 1651328
最終更新 2021/11/28

それでも私は、君に愛の言葉を囁く
恋愛・青春

57ページ

総文字数/ 31,999

ランクイン履歴:総合69位 (2021/12/02)


お互い高校生になった時から、私のことを名前で呼ぶようになった
でも、君は私より一つ年下だよね

身も心も大人に近づいた私たち、放課後の制服デートで楽しく過ごすのも悪くない
背が高くて素敵な男子に成長した君
私は、その体に身を寄せながら心の中で呟いた

切なくて報われない恋だと分かってるけど……

それでも私は、君に愛の言葉を囁くよ
あらすじ

卒業を控えた女子高生の矢島 美優は、
弟と口論になって家を飛び出し先生の所へ身を寄せる。
幼なじみ、弟、先生、両親に告げられた言葉。

複雑な人間関係の狭間で揺れる恋心
美優の恋の結末は・・・

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop