1、僕

 また、雨が激しく降り出した。
 何回目の大雨だろうか。
 どれぐらい雨の日が続いているだろうか。
 やまない雨に心が痛む。

 僕は窓辺に座り、外をじっと見て考えていた。
 僕に何ができるだろうか? と。

「なに もの思いにふけってんだよ」
 ふいに首元で声がする。

「うるさいにゃー」

 窓に反射する自分の姿。
 白い毛並みに黄色い目。
 小さな白猫の姿。
 これが僕の姿。
 倉辻未奈(くらつじみな)、彼女の思い出の中に住む僕の姿。

 未奈ちゃんが子供の頃、僕を拾い、白くて雪のようだからシロユキという名前をくれた。うん、わりとカッコいい。

 なのに、いつもユキポン、ユキポンって呼ぶんだ。
 せっかくシロユキってカッコいい名前つけてくれたのに……。もう。

 でも単純な未奈ちゃんらしいや。
 それに笑顔でユキポン、ユキポンって呼んでくれたし。ま、その呼び方も満更ではないかな。彼女に育てられ、ユキポン、いやシロユキとして12年生きた僕。今は天寿を全うし、彼女の心の奥、思い出のかけらとして住んでいる。

 それから5年。

 未奈ちゃんも大人になり色んな事があった。うん、うん。僕は、彼女の心の奥底で彼女と同じように、喜び、楽しみ、怒り、悲しみ、いろんな感情を共に感じ、一緒に過ごしている。

 そして、ここ1ケ月。

 未奈ちゃんの中で悲しみの雨が降り続いていた。窓の外の雨脚は幾分弱くなったものの、暗く渦巻く雨雲が不安にさせる。

 「行こう」
 僕はそう呟いて、窓辺から飛びのいた。

 「待てよユキポン。ここを出て行ったら、もう戻って来れなくなるかもしれないぜ」
 首筋、可愛い丸い星柄模様をあしらった首輪がチクリと痛む。

 「どうせ何も考えてないんだろ?」
 「……」
 「図星だろ。全く、だからお前はいつまでもユキポンなんだよ」
 「にゃー!お星の首輪のくせに。お前に言われたくないにゃー」
 「にゃー、じゃねえよ。まったく。この高貴な輝く星の首輪に対してなんて口の利き方だよ」

 首輪のどこに口があるのか分からなかったけど、未奈ちゃん手作りのこの首輪、いつからか勝手に喋り出すようになっていた。
 しかも偉そうに。
 しかも親父声。

「おい、分かってるのか? ユキポンは思い出の住民だ。その思い出を壊すと、もう戻れなくなるかもしれないんだぜ」
「それでもいいにゃ、僕に何かできるにゃら」
「待てよ。何か考えとかあるのかよ?」

「……
 …………
 ………………
 ……………………にゃい!」
 言い切った。

「はぁ?」

「それでもいいにゃ、いくにゃ」

「いや、待てよ。だから勝手に出て行ってイメージが壊れると消えるって言ってんだろ。消えるって、お前、消えるってことで。もう一回死ぬのと同じだぞ」

「……」

「だからお前はユキポンだっての。な、よく考えろ。呼ばれるまでここにいろって。そのうちまた呼ばれるかもしれないだろ」

「うるさい、うるさい、うるさいにゃー。ぼくは行く!」

「消えたらどうすんだよ!!」

「フーー、フーー、知らないにゃ」

「俺はどうすんだよ」

「消えるのは僕だけでいいにゃ」

「いや、ちょと待て。落ち着けユキポン。俺、首輪。ユキポンが消えたら、俺、動けない。っていうか首にハマってない首輪って何?」

「……知らにゃい」

「いや、知らにゃいじゃないから。俺の命もかかってんだからな」

「……知らにゃい」

「おーーーーい」

 ……僕は行くよ!! 行かなきゃ。未奈ちゃんのために。

 窓の外は相変わらず暗い。
 立ち込めた黒い雲が時間の感覚を狂わせる。

 けど、もうすぐ逢魔が時。
 僕は行く。