【完結:怨念シリーズ第6弾】悟(さとる)~拭えぬ穢れ~

作品番号 1650002
最終更新 2021/10/03

【完結:怨念シリーズ第6弾】悟(さとる)~拭えぬ穢れ~
ホラー・パニック

11ページ

総文字数/ 59,878

怨念=怨みの念(=思い)とあるように、他界された人がこの世に対して良い思いをしていなかったがために、幽霊になってでもこの世に生きる人々に対して怨みの念を晴らすまで永遠と繰り返される呪いの連鎖である。

かつて同じ業界で共に競ってきた戦友であり親友だった染澤潤一郎や望月裕を次々と、無理心中事件の犯人として報道され、自らも潤一郎亡き後、かつてのソメザワ・マテリアルだった武雄市内に存在した会社工場を買い取り移転をしたとともに命ある今だからこそ出来る彼らに対する償いと、そして事件の真相を模索した小鳥遊悟の数奇な運命を描き出す。
あらすじ
怨念シリーズ第6弾 拭えぬ穢れを抱えこの世を去った悟の数奇な運命

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop