海の藻屑になるには、まだ早い

作品番号 1649637
最終更新 2021/10/05

海の藻屑になるには、まだ早い
恋愛・青春

334ページ

総文字数/ 256,368

クラゲしかいない海辺の小さな加住水族館は、老朽化による入場客減少で夏一杯での閉鎖に追い込まれていた。

パリから夏の間だけ戻ってきた副館長の息子・怜音は、幼い頃から水族館に通い続ける少女・海月と共に、もう一度水族館の再生を願い奮闘するが……。

恋も僕らも揺蕩うだけじゃもう終われない。
大人たちも巻き込んで繰り広げられる、加住水族館、最後の夏の行方は。


悩める日仏ハーフ男子×クラゲ大好き天才少女

閉館寸前の水族館は、恋に夢にと忙しい。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop