死ななくてよかった。希望のない日々の中、そう思う瞬間が少しだけあった。それは、学校の行きと帰りのバスの中。一人の男の子の姿を見た時。彼がいるから、私は死なずにいられる。何度死にたいと思っても、実際に死のうとしても、その度に頭を過るのは彼の姿だった。
 彼とは話したこともなければ、名前すら知らない。知っているのは他校の生徒で、利用するバスが一緒だということだけ。それ以外のことはほとんど何も知らない。彼が私のことを記憶していることすら怪しかった。一方的な感情なのだ。
 きっと、一目惚れだったのだと思う。彼の姿を目に映したその瞬間、時間が止まったように感じたから。私とはまるで真逆の、クールで大人っぽくて、尚且つちゃんと自分を持っていそうな雰囲気のある綺麗な彼が私の胸を覆い尽くし、ドク、ドク、と今まで味わったことのない胸の高鳴りに酷く動揺した。
 でも、彼が私を見てくれるわけがない。だって、私は。彼とは明らかに住む世界が違う人間だから。友達が一人もいなくて、クラスメートからはいじめられているような地味な女なんて、きっと、絶対、眼中になんてないし、可哀想な奴だと同情の目を向けられるだけ。そんなの私が耐えられない。
 醜い。虚しい。悔しい。人生初の恋をした瞬間、その恋が砕ける音がした。
 それでも、好きで、好きで、忘れられなくて。叶わない恋だと分かっているのに、好きだという気持ちを捨てられなかった。
 死にたくて、死にたくて。でも。その度に私の心に現れる彼に命を救われて。私はずっと死ねずにいた。一目惚れした彼に、細い命の糸を繋いでもらっていた。
 彼がいるから、私は生きていける。彼は私の、生きる糧だ。とても重い感情だけど、どうか、どうか、これからも無事に生きていてほしい。自分が誰かの生きる希望になっていることを、どうか、どうか、知っていてほしい。