消えかけの私は死神さんに拾われました

作品番号 1648345
最終更新 2021/10/19

消えかけの私は死神さんに拾われました
ファンタジー

7ページ

総文字数/ 7,173

ランクイン履歴:総合80位 (2021/10/03)

 
死んでいく人たちを見守る中、漸く何が大切かが分かった

―運命は、生まれる前から決まっている―

これは、死神と私と、かけがえのない魂の物語
あらすじ

 義祖母と幸せに暮らしていた初華。しかし、義祖母が急死。
そんな初華は現実から逃れたく、家を捨て、街を歩き回った。
 冬の公園で凍死しかけていた初華は突然、死神に声をかけられ死神の
助手となった。
 初仕事でかつての親友と再会を果たし・・・!?
 初華の両親の過去とは・・・!?

 死神のライバル登場・・・!?

 

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:2

この作品をシェア

pagetop