自分は魔法が効かないと発覚したので、世界を支配してるラスボス大魔王を殴りに行きます。

作品番号 1645559
最終更新 2021/08/28

自分は魔法が効かないと発覚したので、世界を支配してるラスボス大魔王を殴りに行きます。
ファンタジー

30ページ

総文字数/ 90,463

ランクイン履歴:総合40位 (2021/08/24)

とある朝に目が覚めると、女子高生のノラと兄のサクヤは前の日にプレイしていた『バーストグリーンファンタジー あの未知の先に』のゲームオーバー後の世界に転移していたーー

そこでは人類が、ラスボス大魔王のタービュランスをはじめとしたモンスターに支配されている世界。
兄のサクヤや他の転移者は様々な魔法スキルを保有しており、それを駆使して世界を救うため、どうにかゲームをクリアするために日々モンスター達と戦っていた。
しかし、なぜかノラだけには何の魔法スキルも使えず、守られるだけの日々だった。

そんなある時、ラスボス大魔王のタービュランスから、ノラのことを人質として囚われていた双子の王子と姫の世話係として魔王城へ差し出せと命令が下る。
戦争を避けるため、ノラは周りの反対を押し切り自らを犠牲にして魔王城へとやって来た。
しかし、そこでひょんなことからノラの魔法スキルが、すべての魔法を無効化する、無効化《インバリデイション》だということが発覚したから、さあ大変!


「タービュランス、俺の愛する妹は天使の皮をかぶった悪魔だ。幸運を祈るよ……」


遠い目をしながら、敵に哀れみと同情の視線を送る兄のサクヤ。
元々周りからは、兄のサクヤを献身的に世話する理想の妹として、天使と称されていたノラ。
しかし、そんなノラの正体を兄のサクヤ以外は誰も知る由もなかった……


これは猫をかぶっていた主人公が、世界を救うため、今までのストレスを発散するために好き勝手していたら――どういうわけか、ラスボス大魔王に恋されちゃった話である。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:35

この作品をシェア

pagetop