八日目の君と逢えたら

作品番号 1644679
最終更新 2021/08/02

八日目の君と逢えたら
恋愛・青春

137ページ

総文字数/ 129,986

〈君達の未来は私達、八日目の怪盗団が奪った。幾つもの苦難を乗り越えた君達ならば、十六日以降の明日を掴み取る事ができるだろう。さぁ、運命に対し抗う力を私達に見せて欲しい!〉
あらすじ
ある事件をきっかけにして塞ぎがちになった主人公の貴希は、ある日の慰霊行事で不思議な日記帳を拾う。そこには書き掛けの推理小説が書かれており、彼はその日記帳に考察を描き込む。すると翌日になって日記帳には新たな文言が記されていた。
「貴方は誰?」他者と繋がる日記帳を手にした主人公は、この日記帳の持ち主を探す内にある事実へとたどり着く事になる。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop