不死議な雑多屋さん

作品番号 1644565
最終更新 2021/08/11

不死議な雑多屋さん
ファンタジー

42ページ

総文字数/ 86,002

 新しいモノから古いモノまで様々なモノで溢れかえっている店『雑多屋』。
 そこで目覚めた記憶喪失の少女・花夜(はなよ)は、雑多屋の店主・御空(みそら)から、自身は彼の助手であり、特殊な体質の持ち主であることを説明される。
 戸惑いつつも馴染もうとする花夜だが、商品も客も不思議なモノたちばかりで――。

 雑多屋の店主と記憶喪失の助手と不思議なモノたちのふしぎなお話。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop