ヤギは、白鳥を捕まえようとしたが、何もむしる事は出来なかった。

作品番号 1644513
最終更新 2021/07/31

ヤギは、白鳥を捕まえようとしたが、何もむしる事は出来なかった。
Jailed/著
ホラー・パニック

3ページ

総文字数/ 26,642

既に遺作と言えるでしょう。私はコロナワクチンで心臓に炎症起きました。起きる以前の話で、心臓がまだ丈夫だった時の話なので、山田は不死身です。なので遺作。もう私は死んだも同然である。ジャンル正しいのか不明だがジャンルよくわからないのでこうする。ジャンル正しい方がちゃんと読んで貰えるだろうけどまあ、どうなんだろう。どれが正しいんだろう。
あらすじ
看守は、魔女の娘を、元のヘヤに閉じ込めた。そして、魔女も、魔女のヘヤに閉じ込めた。それから看守たちは、山田とヤギの様子を見ていた。ヤギは人間では無いので、入っても良いらしい。白鳥は、ヤギに、白いハンカチを渡した。ヤギは受け取った。ヤギは、白鳥を捕まえようとしたが、何もむしる事は出来なかった。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop