ミス・クラウンの財宝を巡る憂愁  ‐富豪と奇術師と帝都乙女‐

作品番号 1641648
最終更新 2021/07/01

ミス・クラウンの財宝を巡る憂愁 ‐富豪と奇術師と帝都乙女‐
ファンタジー

16ページ

総文字数/ 21,978

「不当に奪われたものを盗り返して、何が悪い?」
訳あり少女 × 謎めいた異国人 × 居場所のない青年
恋と財宝を巡る明治浪漫風ファンタジー

※表紙はフリー素材お借りしてます。
あらすじ
事故で両親と記憶を失い、叔父一家から疎まれて暮らしている鈴花。
ある日、美貌の異国人・リカルドと、彼がパトロンを勤める奇術師・朔と出会い、叔父の家にあるオルゴールを盗み出すように持ちかけられる。
彼らの目的はとある隠された財宝で、その手がかりがオルゴールにあるというのだが……!?


この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop