一番近くで抱きしめて。 一番遠くで愛してる。

作品番号 1640932
最終更新 2021/06/22

一番近くで抱きしめて。 一番遠くで愛してる。
恋愛・青春

21ページ

総文字数/ 115,204

ランクイン履歴:総合58位 (2021/07/08)

恋の始まり、それは夜の海辺の灯台からあらわれる。
平凡な高校生だった野間大知は、『あること』を決心して岬の灯台のてっぺんに立とうとする。
しかしそこで偶然出会ったアズサという少女の出会いによって、彼の決心は止められてしまった。

引っ込み思案な大知の中に、自分でも気づかなかった、隠された気持ちを引き出していく天真爛漫な少女アズサの秘密とは。
そして大知が灯台のてっぺんに立とうとした理由とは―――――。
あらすじ
恋の始まり、それは夜の海辺の灯台からあらわれる。
平凡な高校生だった野間大知は、『あること』を決心して岬の灯台のてっぺんに立とうとする。しかしそこで偶然出会ったアズサという少女の出会いが彼を変えていく。引っ込み思案な大知の中に、自分でも気づかなかった、隠された気持ちを引き出していく天真爛漫な少女アズサの秘密とは。そして大知が灯台のてっぺんに立とうとした理由とは―――――。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop