金魚ノ聲

作品番号 1640158
最終更新 2021/06/08

金魚ノ聲
ファンタジー

0ページ

総文字数/ 0


あらすじ
現実から、逃げたかった。
ほんのひと握りの可能性を信じて、飛び出した。

彼岸花の道、歩きにくい境内。そっと、優しさに紛れてお願いしてみた。

"皆が、私を忘れますように。"

ふと、風が吹いた。まるで、‪私を誘いに来たかのように。

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop