絵画のような君へ。

作品番号 1639377
最終更新 2021/06/06

絵画のような君へ。
恋愛・青春

1ページ

総文字数/ 3,453

ランクイン履歴:総合40位 (2021/06/05)

美術室で出会った君は美しく、か細く、光り輝いていた。
あらすじ
主人公の弥生潤は所謂陰キャだった。
そんな潤は絵を描くのが好きで、毎日欠かさず何かしらの絵を描いていた。ある日の放課後、美術室に忘れ物を取りに行くと一人の少女が一つの椅子に座っていた。彼女は窓から空を見上げ、見惚れている様子だった。潤は気づかれないように忘れ物を取ろうとしたが見つかってしまい...?

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop