青空の屋上で、君と一緒に死にたいと思ってた。

作品番号 1637700
最終更新 2021/07/21

青空の屋上で、君と一緒に死にたいと思ってた。
恋愛・青春

239ページ

総文字数/ 129,998

ランクイン履歴:総合16位 (2021/07/15)

「君と一緒に死にたいと思った」

 人に求められることは初めてだった。

 君の言葉が、僕の死ぬための生の目的となった。

 でも。

「一緒に生きてほしい」

 君は正反対のことを言った。

 それはあまりにも唐突で、だからこそどうしようもなく君らしくて、心を穿たれてしまった。

 僕の死ぬための生の目的は、僕の生きるための希望の道標となった。

 だから僕は、君との未来が欲しい。

***

 でも僕は――

あらすじ
「青空に溺れて、死にたい」

高3でコミュ障の諸井空斗はいじめや母親の問題によって自殺を決意し、青空の屋上へ。だが、そこにいた少女の飛び降りを咄嗟に止めてしまう。彼女は生徒会長の永見叶羽。空斗とは正反対だが、互いに自殺を止めたことで距離が縮まる。そして叶羽から「君と一緒に死にたいと思った」と告げられて――

自殺、いじめ、家族問題、初恋、夢――高校生の青い感情が迸る青春物語。衝撃のラスト必見!

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:47

この作品をシェア

pagetop