死ぬ前に、ひと休みしませんか

作品番号 1637595
最終更新 2021/07/29

死ぬ前に、ひと休みしませんか
恋愛・青春

84ページ

総文字数/ 121,229

ランクイン履歴:総合81位 (2021/07/30)

「来年の桜が咲く頃まで……このサロンはいつでも栞ちゃんを待ってるよ」

「じゃあ、もう少しだけ生きてみようと思います」

死を決意した女子学生が、二つ年上のセラピストに恋をした。

生きる希望も、絶望も……この恋が教えてくれる。


儚くて、甘くて、そんな切ない物語。
あらすじ
高校三年生の樺山 栞(かばやま しおり)は、雑居ビルの屋上から、飛び降りようとしていた。
私が生きていても、迷惑をかけるだけ……。
十八年間の人生に見切りをつけ、飛び降りようとした瞬間、後ろから男の声が。

「死ぬ前に、ひと休みしませんか」

セラピストを名乗る男から死ぬことを止められ、何故か施術を受けることに。
その日から、栞の人生は変わっていく。

男には、重大な秘密があることを知らずにーー。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop