明日の空へ、君と二人で

作品番号 1637350
最終更新 2021/07/10

明日の空へ、君と二人で
恋愛・青春

22ページ

総文字数/ 8,289


「あの先輩と付き合うくらいなら、
せめて俺の兄と付き合って?」


密かに片想いをしている同級生・
朝陽に持ちかけられたのは

──残酷な提案。


朝陽の双子の兄・陽介は、ただの男友達で。

“共犯”の関係なのに。






──たとえば、君があの空を翔ぶなら

私は迷わず、その手を取るよ


*


生きることに疲れた4人の話。


2021.5.24~
更新中>>>過去作を書き直しています。
あらすじ
 片想いの同級生・朝陽には彼女がいる。彼を忘れるために、同じ高校の先輩と付き合っている紗矢花。けれど先輩は浮気を繰り返し、一途に想ってはくれない。
 ある日、先輩のことを好きな女子から嫌がらせを受けるようになり、自分を必要としてくれる人は居ないと感じ始める。
 それを見兼ねた朝陽は『紗矢花を大事にしない先輩と付き合うくらいなら、せめて自分の双子の兄と付き合ってほしい』と残酷な話を持ち出してきて…。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop