灰青(はいあお)の僕らに、希望の蕾を

作品番号 1636479
最終更新 2021/05/04

灰青(はいあお)の僕らに、希望の蕾を
恋愛・青春

32ページ

総文字数/ 94,678

毎日が未熟な灰色だった。

明日死んでも構わない、と思っていた。
君に出逢って、恋をするまでは。

生きるのなんてつまらない、と思っていた。
あなたに出逢って、大切な存在だと気づくまでは。

だけど、

君が隣にいてくれるのなら、
あなたがそばにいてくれるのなら、

明日も生きようって、思えるから。
僕らはそうやって、日々を積み重ねていくんだ。

ひねくれ者と死にたがりが、一緒に生きたら――

生きることに無関心なふたりの、人生の話。
あらすじ
 他人に興味のない少女、笹川(ささかわ)あまねは、ひょんなことから、骨折で入院中だというクラスの人気者、志賀 丈(しが じょう) にお見舞いの色紙を渡しに行くことに。
 一方、そんなあまねに淡い想いを寄せる丈には、とある秘密と固い決意があって……?

 ※他サイトにも掲載中。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop