君と編む夏色の記憶 ~この夏と未来を紡ぐ為に~

作品番号 1636465
最終更新 2022/09/11

君と編む夏色の記憶 ~この夏と未来を紡ぐ為に~
青春・恋愛

48ページ

総文字数/ 119,119

ランクイン履歴:

総合:7位(2022/09/15)

青春・恋愛:2位(2022/08/17)

「だから私……空、飛んでみるね?」
五年ぶりに再会した銀髪クォーターの少女・月宮絃羽はそう言って、海へと身を投げ出した。この瞬間、悠真が思い描いていた夏休みは終わりを告げた。
大学四年の夏、失恋と自らへの失望で前に進めなくなってしまった宮田悠真。楽しかった想い出に救いを求めて五年ぶりに叔母の家を訪れたが、そこで待っていたのは波乱だった。
絃羽の両親は失踪しており、彼女は悠真の叔母に引き取られて過ごしていた。加えて、五年前は仲良し三人組だった少年少女達の関係性は変わってしまい、絃羽だけが孤立していた。
「お前を一人にはしない」
全てを諦め、寂寥感に満ちて孤独に生きる絃羽を笑わせたい──自らを救うつもりだった夏休みは、彼女を救う為の夏休みへと変わっていた。
間違い続けてきたこれまでの人生を未来へ紡ぐ為に、2人は夏を精一杯生きる。後悔を抱える2人が互いを救い合う、究極の純愛物語。

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:Mumaさん
たくさんの人に読まれて欲しい
続きを見る

前に進めなくなってしまった主人公と、環境のせいで自分を抑圧せざるを得なかったヒロイン。そんな2人が数年の時を経て、再会するところから始まる物語。 夏らしく爽やかで、儚げで、詩的。それでいてドラマティックな展開でした。 まずは、冒頭から物語に引き込む力が凄かったです。筆力が高く、ストーリーの構成も素晴らしかったと思います。 誰かが死んだりすることなく、じんわりと泣ける作品で、二人が幸せになるまでの様子がしっかりと描かれていました。 本作を読み終える際の最後の一文に、ジーンときます。 お互いのために努力し合っている二人が素敵でした。 おすすめの作品なので、是非読んでみて下さい。

2022/08/17 15:58

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:30

この作品をシェア

pagetop